【台湾・台南】安平のおすすめ観光スポット&グルメ

安平古堡の観賞用の砲台台湾

古い町並みが魅力の台南・安平。
こぢんまりとしていて散策に丁度良い観光地です。

沢山の店が立ち並び、歴史的建造物も多く、見どころ満載で迷ってしまう程ですが、今回はその中でも行って良かったおすすめのスポットを7つご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

安平のおすすめスポット7つ

安平古堡

安平の観光地

緑鮮やかな植え込みとレンガの赤色が印象的な観光スポットです。
もとはオランダ統治時代の防御要塞で外には砲台のレプリカが置かれていました。

建物は再建されたものですが、一部のレンガ壁は当時から残る史跡です。
すぐそばには展望台がありそこから安平の街を一望出来ます。

歴史的な要素が濃く、台湾・台南の歴史を頭に入れた上で訪れると更に感慨深いものがあると思います。

住所:台南市安平區國勝路82號
営業時間:8:30~17:30 (休)無し
入場料:50元

安平樹屋

安平樹屋

まさに実写版 天空の城ラピュタです!
ここではガジュマルの木に飲み込まれた廃屋内を歩いて回ることが出来ます。

結構大きな建物ですが足元、壁、屋根まで木に覆われており、生命の力強さを感じます。

この日は結構暑かったのですが、この場所は全体が木の陰になっていて、ひんやりと涼しかったです。

敷地内には小さなカフェもありました。レトロで美しくフォトジェニックなスポットです。

住所:台南市安平區古堡街
営業時間:8:30~17:30 (休)無し
入場料:50元

安平開薹天后宫

台南の廟

台南には至る所に廟があるのですが、ここもその一つで航海の安全を祈願する媽祖廟を祀ってあります。

内部は天井や柱にびっしりと装飾が施され、中央と奥には神様の像があり、お線香が焚かれていました。

お祈りに来ている方が沢山いて、特別な場所というよりは安平の日常に根差した雰囲気を感じました。

私が行った日は扉の塗り直しが行われていました。大切に管理されている様です。

住所:台南市安平區國勝路33號
営業時間:24時間拝観自由
入場料:無料

BB弹芋圆達人

安平の芋園屋

台湾の定番甘味 芋圆!
かき氷の上に芋もち、小豆、タピオカ、芋アイスなど好きなトッピングが選べます。

ぜんざいに似ていて日本人にも馴染のある味です。

このお店ではかき氷無しの温かいバージョンも売っていました。
肌寒い日はそちらも美味しそうです。

注文の際は注文用紙のメニューにチェックを入れて渡すだけです。
初めての方は一番人気を選んでおけばOKだと思います。

店内は広々として回転率も良いので、混んでいてもすぐ座れました。

住所:台南市安平區古堡街77號
営業時間:10:00~18:00(土日10:00~20:00)
定休日:無し

林永泰興蜜餞行

安平のドライフルーツ

こちらは安平一有名なドライフルーツ屋さんです。
物凄い人気で一日中行列が絶えません。
この日は会計待ちに常時30人程並んでいました。

商品棚はほぼ空で、店員さんがその場で作って出来上がった順に売れて行っていました。
私はここの烏龍茶梅と緑茶梅を買いに訪れましたが、売り切れで入手出来ませんでした。

値段は一袋50元くらいでサイズも手頃、台南感が全面に出たパッケージなのでお土産にもバッチリです!
ほとんどのお客さんが10袋以上のまとめ買いをしていました。

目当ての商品は買えませんでしたが、他の商品を買って食べてみたら美味しかったです。

住所:台南市安平區延平街84號
営業時間:11:30~20:00
定休日:火、水

楊叔叔養生酸梅湯

台湾ではポピュラーな飲み物の酸梅湯。
青梅の燻製と漢方を一緒に煮込んで砂糖を加えて作ります。

一口飲むと甘酸っぱい梅の風味が広がり、後から燻製の香りが追いかけて来ます。
整腸作用があるらしく、ついつい食べ過ぎてしまう旅行中にはピッタリの台湾ドリンクです。

個人的には燻製の香りが、木材を食べているような味に感じてしまい、ちょっと苦手でした。
タクシーの運転手さんに「台湾の人は皆、酸梅湯が好きですか?」と聞くと「ほとんどの人は好きだよ」との事でした。

台湾で見つけたら是非チャレンジして欲しい飲み物です。サイズは大小あって、小杯は日本のMサイズくらいです。

住所:台南市安平老街

王城迷你官財板

こちらは台南B級グルメ代表の棺桶パンのお店です。
サクサクに揚げた食パンの器の中にクリームシチューが入っています。

具材は、チキン、ニンジン、コーン、グリーンピースで味は日本のクリームシチューと同じです。
アツアツで出してくれるので火傷に気を付けて食べましょう。
B級グルメらしくハイカロリーな一品です。

このお店ではミニサイズが売っていたので、その場で買い食いしました。

住所:台南市安平老街

台湾旅行
スポンサーリンク
Maricoをフォローする
まりぼーしぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました